銀河ぐらますガイド 造型分室

元プロモデラー・もこもこフジタの、やっつけ模型ブログ

カテゴリ: ノンジャンル

最近、模型作って無いわけでもないんですが、地味な作業が続いてるので、あんまりブログを更新するほど見せることがありません。
そんなわけで、穴埋めに番外編。

ずっと本家ブログで書いてますが私の「無人島マンガ」のほぼトップは、望月三起也先生の
ワイルド7
です。
ワイルドのバイクをいつか作ろうと、キットだけは探して集めてるんですけどね
いずれ88ミリ砲搭載のセブンレーラーも作りたいと、希望だけはあるんですがね。

望月三起也先生、「いいかげん」なことで知られてますが、公式ファンサイトの月刊 望月三起也に「単行本によって微妙にワイルド7のエンブレムが違いますが、どれが正解なんですか?」と聞いたら「そんなにあるんだ?」と先生から返ってきた、という話が載ってました(笑)
じゃあ、この機会に公式エンブレムを作ってしまおう、ということで、40数年経って、ようやく公式エンブレムが出来たそうです(笑)
という記事を読んで、せっかく公式エンブレムが掲載されているんだからと
DSCF1473
その画像を拝借して、PCのカッティングプロッタでカッティングシートを切って、公式エンブレム作ってみました。
皺が寄ってるのは、貼付用の仮透明シートをテキトーに表に貼ったせいで、別に失敗じゃないですよ(笑)
車は黒なので、赤の面の顔とツノを切りヌクと黒くなってしまいます。
そこで、赤いシートと白いシートを2枚カットして、顔とツノは白いカッティングシートを赤にハメ込んでます。
コンピューター制御でカッティングしますので何枚でも正確に切り抜けますから、ピッタリ合うんですよね。

むろん、コレは愛車に貼る用です。

これ、ネタに出したのは、穴埋めの意味もあるんですが、手持ちのプロッタが0.3ミリぐらいのプラ板までなら切り抜けるので、工夫次第で模型にも使えるからです。
薄い板しか切れませんが、積層すれば形も出せるはずですね
もっとも、このプロッタを買ってからだいぶ年数が経ってしまい、今では3Dプリンタなるものが普通に買えますので、あんまり無理にプロッタ使って立体を作る意味はなさそうです。


みなさま、あけましておめでとうございます

昨年は、どうしても暇がなくて、あんまりまともに模型も作れませんでしたが、今年はもうちょっと作りたいなぁ、と希望する今日この頃です、まあ無理だろうなぁ
昔と違い、一生懸命作っても金になるわけでもないので、そうそう優先的に時間を割いてられません、子供が小さいと、なかなか時間取れませんね。
頑張ります。


DSCF1061

おまけのダンボー。
コトブキヤのミニダンボープラモデルでやす。

ずっと前に、本家のHPにはいきさつを載せてますが、MGガンダムと同じでウォッシングしたらバキバキに壊れたり、エナメルシンナーで拭いているつもりが寝ぼけてラッカーシンナーで拭いて塗装がぐちゃぐちゃになったりと、悲劇を繰り返したキットですが、かろうじて復元して形を保ってます

そんなわけで、記念すべき第一回記事です。

模型というか、造型関係のブログだけ、別にしてみることにしました。

別に造型物が多いわけではない、というか、むしろ少ないんですがね(笑)

元々、「銀河ぐらますガイド」というブログをやってまして(本家と称する)、映画評と、日々のどーでもいい話を書くために作ったものなので、そこに、ちらちらと、模型の話が挟まるのが、どうにも分かりにくいというか、散漫な感じがして、嫌だったんですね

あまりに支離滅裂というか、統一感がないので、あまり、そういうのが好きじゃない、模型なら模型だけ、という風にしたいタチなんですね、性格が。
なので、あえて分けてみました。

模型だけにすると、密度が薄すぎるというか、要するに、記事の数が少なくなりすぎることになるのが目に見えてるんで、そこは、果たして、本家から分離していいのかどうか、悩んだところなんですが。

模型買うだけは買っているので、そーいうのを、こまめに写真撮って載せれば、それなりにページが埋まるとは思うんですが、そこまでマメなタチじゃないので、面倒くさくて、なかなか、そういうこともやらない。
正直、写真撮ってブログにのっけるのって、すごい面倒臭いと思うんですよ、俺は。
みなさん、よくやってられると思いますね、素直に感心します。

日々のいろんなことに追われて、なかなか、模型なんか作ってる暇もないので、全然、更新されないと思うんですけども、まあ、長い目で見れば、そこそこ記録として残ればいいかと。

2014年に家を建てまして、それまでは、部屋が狭かったので、模型を作る机と、日々の他の作業をする机が同じで、模型を作っていても、毎日、片付けないといけなかったんですね
それが面倒で、作る気が起きなかったというのもあるんです
なので、新居では、まず「模型の製作ができる環境」という前提を置いて、自分で部屋を設計しましたので、それなりに、環境も整いました
そんなわけなので、ぼちぼち、本格的に作りたいとは思うのですが、果たしてどうなることやら。

しばらくは、本家のブログの記事を再収録したものが続くと思いますが、まあ、生ぬるい目で見守って頂ければと思います。

このページのトップヘ