銀河ぐらますガイド 造型分室

元プロモデラー・もこもこフジタの、やっつけ模型ブログ

カテゴリ: アニメ・コミック系

2017-03-18 16-04-13_1
▲毎度お馴染み合成写真から。屋外で空バックに撮影したんだけどね、うちのベランダから撮影すると、どこ向いても電線とか入ってしまうんだよね。最初は電線だけレタッチで消そうかと思ったんだけど、いっそ空ごと合成したほうが楽だったので、結局背景だけ抜いて、空の画像と合成してみた。かっけ~ぜ!スパイディ(スパイダーマンの愛称)


メビウスモデルから発売されている、1/8スケールのスパイダーマンです。

ずいぶん前から手をつけていて、ちょくちょく磨いてはいたんですが、ようやく完成しました。


発売時期は比較的新しいのですが、映画の模型化ではなく、コミック、それも昔のコミックを模型化したものです。
というか、スパイダーマン自身はほとんどスタイルが変化してないので、いつのコミックでも同じようなもんですが、同時に発売されている「グリーン・ゴブリン」が昔の三角帽子かぶった悪魔みたいなアレなデザインですんで、それと同じ時代のコミックがベースということになります。

キットに「スパイダーセンス」という名前がついているように、これはスパイダーセンスのキットです。
スパイダーセンスは、映画では、はっきりと登場しませんが、スパイダーマンが蜘蛛の能力で危機を察知する超能力のようなものです。
映画でも出てきたように、基本、スパイダーマンが待機?してるときはこのポーズなので、一種のスパイダーマンのキメポーズですね。

アチラには、ビルの屋上によくある彫像の台座が付属してます。

900833_press01-001
▲キットのメーカー作例はこんなん。ポーズがキマってる。シンプルでいい感じ。

余談ですが、この台座はグリーン・ゴブリンと共通で、右向き、左向きどちらにでも組めるようになっており、双方を左右に向けて組み合わせて配置できるようになっています。

900833_press02-001
▲組み合わせるとこうなる。なんつーか、ゴブリン、まさに「小鬼」だよねコレ。妖精さんかと思っちゃうよ、サム・ライミ版の映画のイメージがあると、笑っちゃうギャップだね。


メビウスさんはこういうの好きですね、クラシックテレビシリーズのバットマンのキットでも、各キャラクターの台座が組み合わさるようになっています。
バットマンも欲しいんですが、手を出すとキリがなくなりそうなので(バットマン、ロビン、ペンギン、キャットウーマン、リドラーがある)、保留してます。
メビウスさん、好きっつーか、一個買ったら、他も欲しくなるような仕掛けなんだろうね、この商売上手め(笑)


私は、それほどスパイダーマンに思い入れはないです。
アメコミヒーロの中では、それほど好きなキャラではないんですけど、このシリーズは「模型として、なにか面白い」ので買いました。
グリーン・ゴブリンも作りがいがありそうだったので買ってあるから、そのうち作りたいと思います。

以前から「こんな出来のいいフィギュアがごろごろしてる時代に、わざわざ苦労してプラモを組み立てるのは、なんでなんだ」というような話をちょくちょく書いてますが、この
模型として面白い
という理由で買ってしまうというのは、フィギュアには無い、プラモならでわの楽しみなんじゃないかと思います。 

我々の子供の時代は、こういう「大きなフィギュアのプラモ」ってのは、オーロラのキットだけではなく、1/6の兵士のキットとかもあって、結構アコガレの対象だったので、 こういうのを見ると、今でも欲しくなっちゃうんですよね。

すごくシンプルなんだけど、情景模型として、すごくうまくまとまってると思います。

こういう素晴らしいセンスは、国産の模型には無いセンスのなので、作るのがすごく苦労するのが分かっていても、ついつい毎度毎度海外製キットを買ってしまう要因になってます。


さて、キットの内容は、すんごいシンプルです。
胴体、腕、手、脚それぞれ二分割+顔で、パーツはそれだけです(笑)
巨大なビルの彫像のベースが付属しており、はっきり言って、どっちが主役か分からないぐらいの存在感ですな(笑)
このベースをあわせても、パーツ数21個です。

海外キットなので、結構なお値段がしますから、箱をあけた瞬間、ちょっと絶望的な感じになりますよ、でっかいパーツがゴロゴロ入ってるだけ、これでン千円かよ! と(笑)


さて、キットの出来ですが、プロポーションやポーズのキマり具合は実に素晴らしい!
なかなか、かっけーです!!
ですが、おそらく原型を分割して型どりしていて、パーツの分割部分がかなりぞんざいです。
一応、黒いラインに沿って分割されてるという気遣いは見られますが、なんていうのかな
刃の分厚いノコで切って、ノコの厚み分、修正せずに、そのまんまパーツにした
みたいなカンジです(笑)

パーツ間のスキマがあきまくるので、結局、一度全部スキマを埋めてしまい、後からラインを掘り直すハメになります。
編目の黒いラインの溝も結構ガタガタですよ、キャストキットでいまいちミゾ彫りがシリコン型に気泡入っててうまく抜けてないような状態を想像してもらうと正解です。
表面も処理がいいかげんでデコボコしてるところが多いので、ま、ほぼ、キャストキットを作っているような感覚で、全面に磨きを入れないといけません。

ベースがね、またでっかいんで、スキマ埋めるだけで大変なんですよ。

冒頭で「ちょくちょく磨いていた」と書いたのは、そういうわけで、スキマを埋めて、表面処理を綺麗にするだけで結構な時間がかかったんですね、ほとんどの作業時間は、そこに費やされてます。

毎度書いてますが、バンダイのSWキットを作ったりしていると、こういう海外のキットが作ってる途中で嫌んなっちゃいますね(笑)
前回のタイインターセプターで「苦労するキットばっかり作ってるとストレス溜まるので、たまに楽なキット作りたくなる」みたいなことを書きましたが、実はその要因のひとつになってたのがコレでした(笑)


あと、スパイダーマンのコスチューム、継ぎ目がないものですから、塗装後にパーツを接着するわけにいきません。
先にパーツを全部貼り合わせてから、スキマを消すことになります。

つまり、モデラーなら一目でおわかりのように、ポーズはいいんですが
めっちゃマスキングしにくい塗装しにくいポーズ!!!
なんですよねコレ(笑)
 

塗装は、本来は昔のコミックなので明るくケバいのが正解でしょうが、最近のサム・ライミ版の映画や「アメージング・シリーズ」の暗めのイメージで、割と渋めにしてみました。
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」や単独映画の「ホームカミング」では、結構、明るめの色に戻ってますけどね。
2017-03-09 22-27-32
2017-03-09 22-37-28
▲すんごいマスキングしにくいポーズ(笑) まずシャドウ吹きをしてから、赤と青を吹いた。

でもさ、これ、昔のスパイダーマンだから網目模様が溝なんだけどさ(ライミ版映画などでは凸)、結構豪快にミゾ入ってるけど、溝が0.3mmの深さだとしても、1/8だったら、実物だと2.4センチじゃん(笑)
2.4センチの溝があるコスチュームって、ものすごい分厚いよね、ってかもう肌にミゾ掘ってあるよね(笑)

 
本体以上に存在感のあるベースは、せっかくなので気合いを入れてみました。 
塗装には、実験的にアサヒペンのストーン調スプレーというヤツを使ってみました。
この塗料は、要するに塗料の中に砂のような粒子が入っているのですね。
吹くと表面がザラザラになり、石のような感じになります、まあ本来、こういう彫像は石の削り出しですから、ザラザラなわけないんですがイメージです。

2017-03-09 22-26-59
▲アサヒペンのストーン調スプレーをネットで見かけたので、試しに購入してみた。ただ吹いただけだとこの状態。表面がザラついたカンジになる。

塗料そのままでは、単色ですんごいのっぺりしてますので、めいっぱい、ブラウンで ウォッシングを施してやり、汚れを描き加え、ドライブラシで仕上げ、メリハリをつけてやりました。
割といい感じに仕上がったと思います。
あ、そうそう、ベースの黒い部分は黒サフェーサーそのまんまです。

ぶっちゃけ
本体より、ベース塗ってるほうが楽しかったです(笑)

2017-03-19 16-13-10_2
▲ウォッシングしてメリハリをつけ、ドライブラシで凹凸を浮きたたせて、雨汚れを描き加えてやった。


まあグリーンゴブリンも同じベースなので、この作業をもう一度やると思うと、さすがに嫌になってきますけども。
2つ並べるとなると、同じように仕上げないと、統一が取れないよね。
あとで、「ベースだけ2つ同時に作っておけばよかった」と後悔しました(笑)


2017-03-19 16-10-49_2
2017-03-19 16-11-09_2
▲本当は、以前作った「キャプテン・アメリカ」と共通カラーにしようかと思ったんだけど、キャプテン・アメリカのときに作った塗料が少ししか残ってなかったので断念。

2017-03-19 16-11-36_2
2017-03-19 16-12-41_2
2017-03-19 16-13-40_2
▲びーるの~、たにまのくらや~みに~♪ どうしてもこの歌が脳裏に浮かんでとまらなくなる人はジジイです(笑)





毎度、本家からの再録です。
タカラトミーさんが出していた(過去形だけど、今でも売ってますが)、1/48の模型というか、トイのアズティックギアシリーズから、ファッティー地上用B型です。

以下の文章は、本家に掲載したときの文章に、若干手を入れたものです。

------------------------------------------------------------------------------------

昔、タカラトミーが出していた「装甲騎兵ボトムズ」の
1/48 アクティックギアシリーズ 陸戦ファッティーB型
でげす
制作は、たぶん2008年か、それ以前ぐらいだと思います。

DSC06854_exposure

同シリーズのスコープドッグ・ターボカスタムといっしょに、簡易ディオラマ風にしてみました。

なんでこのチョイスかっていうと、これに関しては、別に好きなわけでもなんでもないです。
というかどっちかというとボトムズ本編しか知らない人間だし、宇宙用ファッティーはいいんですが、陸専用ってのは格好悪くて嫌いなんです。

まあ、アレです、ずいぶん前に作ったんですが、色々事情があって作っただけで、別に好きなアイテムだったわけじゃ全然ありません。

このチョイスはなぜかというと、単に
中古品が安かったから
です(笑)
それ以外の理由はもう全く一切ありません

このシリーズ、単に、アレコレよく動いて遊べる、ということがメインのシリーズなんで、
要するにオモチャです
お世辞にもデキがいいとは言えません

いや、全体の形状はそこそこいいと思うんですが、パーツの合わせ目がやたら段差があったり、パーティングラインがそれこそズレズレだったり、細部のデキは相当にアレです。
きちんと細部が出来てないわ、エッジがダルいわ、引けてるわ、色々アレ。
スコープドッグなんかは、プロポーションもそこそこいいと思うんですが、ファッティーというアイテムは、元々、大河原デザインは、ぶさいくなんですよね。
なんせなまえが、訳すと「でぶちん」ってぐらいですからね、格好悪くて当たり前(笑)

でも、やっぱりアニメは、格好よく描かれちゃったり、「青の騎士」シリーズに登場するファッティはスマートで格好良くて、まあ、俺もずいぶん、ガレージキットの原型とか作りましたが、次第にそーいうイメージにシフトしちゃってきちゃっているので、今時、ファッティーを作るとなると、普通、そちら寄りの形状になるのが定番です。
ですが、このトイは、モロ、大河原バランスなので、忠実だけど、格好悪いんです

Hobby Japan-024
▲ずーっと遙か昔、WAVEさんで原型を作らせてもらったファッティー(というか、ファニーデビル)。まだ、ガレージキットにポリキャップを入れるのもポピュラーじゃなかった固定関節の時代のものなので、やたら細部に凝るという傾向もなかった時代だけれど、珍しく、この作品ではコクピットまで再現している。割と当時は1/35のガレージキットで内部まで作るのは珍しかった。原型だけでなく、この記事の作例自体も俺。
ホビージャパンからの無断転載なので、マズかったらごめんちゃい。

20年以上前だよねぇ? コレ。うっわ、歳食うわけだ。


まあ、基本的に「動かして遊ぶ」ことをメインにしてるトイなので、壊れやすいディテールとかはオミットされてるし、細かい部分は軟質樹脂で出来てたりするので、ディスプレイ用に仕上げるのはなかなか大変です。
しかも小さい、1/48だから、9センチぐらいの大きさしかありません、だからこんな風に接写するとかなり荒く見えますが、そこは勘弁。

DSC06840_exposure
見ての通り、超ちっこいサイズ。手の平サイズのオモチャです。

DSC01997
ご覧のとおり、元のトイは合わせ目もばりばり、ズレて筋出まくりのアレなデキなので、接着してペーパーで合わせ目を修正してやります。この元写真と比べて貰うと、かなり手を入れてるのが分かると思います。
ご覧のとおり、バランスがもっさい、というか、上半身がたくましすぎます、60歳超えていまだ現役のスタローンかよステロイドやりすぎだよお前血管浮きまくってんじゃん! ってぐらいにたくましいです
なので、腕など太すぎてバランスが悪い部分は幅をつめたりしてます
けど、元デザインは、割とこんなバランスの悪いイメージです。

DSC02001
DSC06838_exposure
DSC06837_exposure
全体に溶きパテを塗り、鋳造表現を追加。鉄板というか板で出来てそうなところだけはツルツルにして質感を変えてあります。
ああ、言わずもがなの、ポーズは完全固定です

DSC02046
DSC06847_exposure
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、元のミサイルポッドには、「お前は原発の活断層か!」ってぐらいに段差が走ってましたので、側面のモールドは削り落として、平らにした後、モールドを伸ばしランナーで追加し直してます。

DSC02011
DSC06851_exposure
銃回りなどは特にいじってませんが、合わせ目ズレが激しいので、ひたすら削り込みです。よく分からないと思いますが、手の表情がなくて格好悪いので、指は削り込んで往年の「藤田指」にしてます。

DSC02016

DSC06845_exposure
各部、エッジなど傷がつきやすそうなところにダメージ表現を追加。デカールを貼ってます。
ボディの塗装に関しては、一部、実験的に、ウォッシングとドライブラシを繰り返して重ねる塗り方を試みてます。
これは、砂漠の実機といえども、雨や洗浄で水がかかることああろうし、それによって汚れが落ちて筋ができるだろう。それを塗り直していくと、重なった層になるだろう、と考えてのことで、現実にもペンキの塗り重ねでそういう風な質感になっている物をよく見ますので、それを再現できないかと試したものです。
が、あまり小さい模型の塗装でやっても見た目の効果はなかったです。
胸をよく見て貰うと、微妙に塗膜の奧に黒い感じとか出てると思うんですが。

しかし、なんていうか・・・やっぱり俺・・・
ドライブラシ命(キリッ)! かもしれません

DSC06844_exposure
装甲には銃弾の跡を追加。アンテナは作り直しです。ボディラインも多少いじってます。基本素組みですが、リベットとかは追加。

DSC02021

DSC06848_exposure
DSC06831_exposure
途中で問題が発覚。
なにぶんトイなので、材質が普通のプラではなく、ちょっと力を加えると塗料が剥がれてきてしまう材質だと、塗装してから気付いたので苦労しました。
関節は軟質樹脂なので、元から塗料がのらないので、ペーパーを荒いのから順に1500番ぐらいまでかけて、パーティングラインをツルツルにしてあります。
よく考えると、どうせポーズ固定なんだから、プラで作り直したほうが早かったですね、ボケボケ。

DSC06843_exposure
そんな教訓があったので、足下に転がってるスコープドッグは、素材の色そのままで塗装してません。
ペーパーをかけてツヤを消してやって、墨入れしただけです。
ベースはスチレンボードに石膏を塗ったもの。
砂漠は、トノ粉を使って表現します
1/48ぐらいだと、このぐらい粒子が細かい方がちょうどいいんですが、トノ粉は水分で溶けるので、接着に苦労します。このベースもひび割れが出ちゃってます。

DSC06842_exposure
まあそんなわけで、久々のお蔵だし模型でした。

ああ、余談ですが、俺らがホビージャパンで模型をつくっていた頃って、最初のボトムズが出てきた時期です。
当時、ああいう「ぶさ格好いい、小型の戦闘車両」的なタイプのメカというのは、なにぶん初めてのことだったんで、編集さんやカメラマンさんが、試行錯誤して苦労を重ねて撮影のコツを掴んでいったと思います。
そのコツっていうのは、普通のロボット模型は、アオリ気味で撮るほうが巨大感とか出て格好いいのですが、ボトムズに関しては、足を拡げて腰を落とし、少し上から見下ろすのが一番格好いい、っていうことです
以後、この法則に従って、ずっと撮影されていたのですが、最近はこの撮り方を知らない人が増えてるせいか、どうもボトムズ模型では格好悪いアングルが目立ちます。
老舗の「ホビージャパン」や「電撃ホビーマガジン」は、今でも撮影がスタジオRと同会社だったと思いますので(昔からHJで撮影を担当されてた会社です、H松さん、お元気ですか、その節はお世話になりました)、良いのですが、他で、「あかん写真」をよく見ます。
模型だけではなく、アニメの演出とかにも、同じことが言えてる感じがします
演出がボトムズ向けじゃないというか、オタクの人が、巨大ロボットアニメの方法論をそのまま持ち込んでるというか。
余談でした。

DSC06834_exposure
なわけで、またいつか、お蔵だし模型を。

ばいばいき~ん!!


★追加写真
せっかく作ったんで、簡単に背景を合成してみた。
fatty

我々、生粋のモデラーは、元々、模型を改造したり、きちんと作って、塗装をしたり、というプロセスを楽しんでいたことから、プロになっちゃったわけですから、模型というのは、ちゃんとユーザーが作るもの、という思いというか
一種、意固地な考えがあります
頭硬いです

なので、バンダイのガンプラ、特にMGシリーズが、どんどん進化していって、ハメ込んでいくだけで、ほとんど出来ちゃう、みたいなノリには、あまり、好感を持たないことが多いわけです
あれは組み立てるオモチャであって、プラモデルではない
という悪口は、よく聞きますが、それが、思いを集約した言葉でしょう。

プラモというのは、本来は作る人の作品であると思うのですが、ガンプラは、もはや、どう作っても、バンダイの作品でしかないんですよね
完成されすぎていて、ユーザー本来の余地が限られる。
バンダイの作品を作らされている
という意味では、あれは、我々が子供の頃に楽しんだ、プラモデル本来の楽しみではないと思いますし、プラモデルではない、という指摘も正しいと思います

俺自身が、そういう感覚を持っていたので、これまで、あまりMGシリーズは好きではなかったんですが、近年、だんだんと、その思いが変わってきました。

子供が幼くて、日々の生活があると、どうしても、模型を作る時間というのは、ないんですよね
ある程度子供が大きくなったり、妻とふれ合う時間が少なければ、そのぶん、模型も作れる時間が捻出できるんでしょうが、なかなか、現段階ではそれもままならない

でも、作りたいという欲求だけはあるとなると、簡単に、それらしく形になるもの、というのが、結構ありがたくなってくるんですね
MGのコンセプトは、元々は、模型が上手でなくてもそれらしくなる、ってことだと思うんですが、上手下手関係なく、
時間がないけど欲求だけある
っていう人には、結構、うってつけだと思うようになってきました

我が家に、1/100MGガンダムのVer2が眠っているんですが、このキットも、なかなか複雑なキットで、ちゃんと作ると終わりそうにないなぁ、コレ、と、なんとなくそれをいじりまわしているうちに、そんな風に思うようになってきたんですが
よし、つや消しだけ吹いて素組みでウエザリングだけ入れて、塗らずに仕上げてやろう、と思ったら、既に一部パテ埋めされてて部分がグレーグレーしてたので、無理でした(笑)

まあ、とにかく、そんなわけで、最近は、MGの存在意義をすごく感じます
以前触れた、バンダイのスターウォーズシリーズも、同じ意味で良いと思いますが、タイファイターのパネル一体成形はやりすぎです(笑)

ただまあ、やっぱり、世間で数少ないお店にいくと
プラモ・イコール・ガンプラ
みたいな傾向になっちゃってるのは、あまり嬉しくは思えませんけどね。

余談ですが
「ガンダムビルド・ファイターズ」で、パーツを組み合わせて改造する、という自由な発想の楽しみ方を提示しているのは、良いことだとは思うんですが、あれは、現実に照らして考えると、まず宣伝番組色が強すぎてアレだし、提示されてることは、ガンプラの『レゴ』ですよね
パズル、積み木、なんでもいいと思うんですが、組み合わせであって、自作、改造ではない。
ガンプラは、プラが普通のプラじゃないですから、実際にMGなんかを劇中のように改造するのは不可能に近いため、結局、パーツ組み合わせレベルの遊びが現実的になっちゃう
そして、劇中で作られたものが、またキットとして発売される
ベアッガイさんなんてのは、本来、アッガイをベースにユーザーが改造して作るからこそ、番組が提示する「みんなで作る楽しみを」という発想の意味があるわけですけれど、結局、キットとして出ちゃうから、別に自分で作らなくても済むことになっちゃう
あれじゃ、なんだか、しょうがないと思うんですけどね。
余談でした。


ま、とはいえ、完全プライベートモードだと、俺は基本的には『映画と特撮の人』なので、アニメ物は、めったに作らないから、そういう風に思っても、ガンプラは買わないんですけどね(笑)
MGもそんな風に作ってみたいなぁ、とは思うんですけど、購入優先度からいくと、まだまだ欲しいものがたくさんあるので、MGシリーズはずっと下のほうで、なかなか、買うまでに行き着きませんなぁ。


▼これは大失敗作なので、あえて単独の記事にしませんが、この記事のついでに載せときます
2006-03-22-029
▲十数年の模型ブランク後に、はじめて触ったMGシリーズで作ったガンキャノン。
別にガンキャノンというアイテムがどうこう、という趣味はなく、単にブランク後のリハビリに、改造し甲斐のありそうな素材だったから選択しただけです。
格好悪いのが気に入らず、徹底的なまでに、プロポーションを改修した。
が、ブランクがあるので、MGの特性というものをまるっきり知らずに、普通のプラモのつもりでスミ 入れやウォッシングしたら、表面が見事にバキバキに割れてしまったという、とても痛い過去を持つのです。
表面塗装がボロっぽいのは、バキバキに割れたところを必死で修復したためです。

2006-03-22-008
2006-03-22-007
2006-03-22-006
2006-03-22-005
2006-03-22-004
▲腕や足、ふくらはぎやももは、安彦作画特有の柔らかい曲線を出すべく、全てパテ盛りや削り込みで改造
こういうところが、前述の限界の部分をよく表してもいると思いますが、要するに、MGというのは、インナーフレームに外装をはめていく形式になっているから、いくら外装を改造しても、形状がインナーフレームの制約から逃れられない。極論すれば、インナーより細い脚とか腕とかは出来ないわけです。
もし、本当に改造しようとすれば、インナー自体を改造するしかありませんが、そうなると、ものすごく大変だし、そもそも、インナーはABSみたいな樹脂なので、簡単にいじれないようになっているんですよね~

2006-03-22-00
▲足の形状、すね、ふくらはぎ、腕、指、顔、全てプロポーションを改造した(塗装までは)入魂の作・・・だったが、塗装で全部バキバキ割れて台無しに(笑) かなりヘコんだ(笑)

このページのトップヘ